沖縄でスタンドアップパドル(SUP)を体験しよう!

スタンドアップパドルを知っていますか?今沖縄で注目されている海の遊び方です♪ - サーフィンをするためにSUPで遊ぶ

サーフィンをするためにSUPで遊ぶ

サーフィンと言えばサーフボードに載って行うのが一般的ですが、SUPでサーフィンをするという人も中にはいます。ただ、SUPでいざサーフィンをするとなるとルールやマナー、波に乗るという基本的な技術をしっかりと学んでからでないとトラブルが起きたりします。ローカルルールでSUPサーフィンを禁止しているようなところもあります。SUPでサーフィンをするための注意点などについて説明していきます。

パドルを使って移動することができるのが利点

SUPサーフィンは普通のサーフィンに比べて乗り物が大きいわけので、その分だけ安定性があるということが言えます。安定性がありますし、パドルを通じて沖まで漕いで行くのが楽だということからちょっと慣れていけばサーフィンをするのはそんなに難しくないです。一般のサーフボードに比べるとすぐに波を捕えることもできます。

波に乗ってからのパドルの操作というのは、スキーで言うストックと同じような役割を果たすことができますので、波に乗る前に便利というわけではなく、波に乗った後であっても積極的にパドルを使うことによって波乗りが楽しくなります。ただし、波に乗った後にどういう動きをすればいいのか、パドルをどのように動かしていけばいいのかということについて知っておく必要はあるでしょう。

波に乗る時には優先順位がある

SUPでサーフィンをする時というのは本来のサーフィンを行っている人同様に波乗りに関する優先順位を守る必要があります。優先順位は一番沖からその波を引いて波乗りをしている人が何よりも最優先で、同じような位置であればピークに近い方が優先です。手前で前乗りをした場合にはすぐに譲るようにしないといけません。

サーフィンをする時には基本的なルールを守る

SUPの体験コースでサーフィンをする時にはインストラクターがいるので大丈夫ですが、自分でSUPサーフィンをする時には基本的なルールと技術を学んだうえでやってみるようにしてください。

ページ上に戻る